スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Get 3Dsick.

2004/10/04 Mon
2106982_80s.jpg

3D酔いです。ぐるぐるです。
久々にゲーム買いました。
メトロイドプライム。
リリースはかなり前だよね。去年だっけ。

プレイデータを3コ作れるので、ユタハルズウミで1コずつ登録する事にしました。
しかしハルちんは、リアルな世界感にちょっとビビってしまい、「見てるだけ」宣言をしたので、ユタとかわりばんこにやっていきます。

自分でやってる時はそれほどでもないのだが、ユタのプレイを見てると3D酔いで気持ち悪くなってくる。
そんな感覚も、うれしなつかしゲームプレイ。

バイザーの奥にサムスの顔がうっすら見えるのがいい感じ。
湿気でバイザーが曇るのもカッコよい。


子が寝ている深夜に、差をつけんと必死になる父。
ふふふふふふ
万が一ユタに先にクリアされるような事があると、コケンにかかわるのでね。
スポンサーサイト

ボス

2004/10/06 Wed
2169609_191.jpg

こいつが倒せない
昨日5回挑んだのだが、どうしても勝てない。
倒し方は分かってるんだけどねえ。
なんつーか小賢しいのよコイツ。妙に器用だし。
本当にいまいましい。
今日は倒す!! 待ってろ。


石川県加賀地方は、今のところ晴れときどき曇りの天気です。
ユタハルは一日遅れで遠足です。
晴れてよかった。


ユタがオオカマキリのメスを捕まえて来た。
何を食べさせればいいんだ?
肉食だよね確か。
ううむ・・・面倒くさいので、自分で考えさせよう。


ハルは昨日ユタとケンカして、晩ご飯も少ししか食べずにふて寝してしまった。
でも朝になったら綺麗に忘れていた。ニコニコだった。
笑える。

いってみるか?

2004/10/08 Fri
"金沢21世紀美術館"というのが明日オープンするらしいです。

地元ではかなり前からニュースになっていました。
ネーミングがちょっとどうかという気もしますが、建物が変わったカタチなので、ちょっと見てみたいなと思ってます。
キッズスペースもあるようなので、ユタハルもつれて行ってみようかと思案中。
オープン初日なんで相当混むだろうけどねえ。

建物だけでも見たいなあ。特に夜の外観。
円形の建物の円周がボウッと光るらしいぞ。綺麗らしいぞ。
書いてたらどんどん行きたくなってきた。

並びます(倍率不明)

2004/10/09 Sat

ユタの欲しがってるゲームボーイアドバンスSP。素行良好につき、繰り上げて11月の誕生日にあげる事にした。
そしてタイミングの良い事に、明日100満ボルトで定価の3.5割引きで売り出されるとチラシに載っていた。ただし先着10名様。
とりあえず並んでみる事に決めた。
10時オープンなんだけど、何時にいけばいいんだろう。
とりあえず実家に行って折畳みイスを借りてきた。

買えますように。
晴れますように。


メトロイドプライム。ずっと苦しんでいたボス戦にやっと勝利した。
うれしい。

並んでます

2004/10/10 Sun
2289731_180s.jpg

風があって少しだけ肌寒い。天気は良いです。
7時に着いたのだが、4ばんめだった。なんとか買えソ。
ユタにもう少し厚着させてくればよかった。

なんか鹿みたいなの

2004/10/12 Tue
昨日実家に用があって車を走らせていると、ハルが叫んだ
「なんか鹿みたいなの!!」
でかい犬でも見たのかと思ったが、指さす方を見ると

ヤギが道路を横断していた。
黒ヤギだった。

思わず車を止めて呆然と見送る僕たち。
いったいどこから?野生?
ちなみにそこは住宅地。
黒ヤギって手紙を出したほうだっけ、それとも食べたほうだっけ、などと考えながら、そのうちに後続の車が迫って来たので慌ててその場を離れました。
飼いヤギだよねきっと。しっかりしろよ飼い主。
きっと3匹セットで飼ってるうちの1匹なんだ。小さいのと、中くらいのと、大きいのがいるんだ。名前はどれも"がらがらどん"に違いない。山の草葉で太るつもりなんだよ彼らは。
この辺はトロルが出るから気をつけて。

もうしない

2004/10/13 Wed

ユタとハルをたたいてしまった。
ハルはほっぺた。ユタはおしり。
手を上げた理由はそれぞれ別々にちゃんとある。
その時はたたいてでも、きちんと正すのが良いと思えた。

でも持っていきばのないこの後味の悪さは、どうすればいいんだ。
やらなきゃよかったよ。
きっとあいつらの中には、たたかれた事しか残っていない。たたかれた後に僕がした話の内容なんて、吹っ飛んでしまっているだろう。
あーーーー。
どんなに腹が立っても手を出しちゃいかんかった。
あいつらにやり返す体力があるなら話は違うけど、まだどうやっても親には勝てないんだから。不公平だ。
もうしない。

密かに胸を撫で下ろす

2004/10/15 Fri
2444390_243.jpg

ユタハルとは何とか仲直り。
とりあえずほっとした。
つーかケンカしてないよな別に。
叱っただけだし。
これも今だからこその余裕ですが。

ユタとは夕飯後に、昨日叱った事について少し話した。素直に聞いてくれたので、こちらもきつく叱りすぎた事を謝っておいた。すると驚いた事に、こちらも悪かったよごめんねと返してきた。うれしくてちょっと目汁。
すっきりした、ほんとに。
ハルは、もうすっかり忘れてしまっているようだった。だからあえて話はしなかった。雑誌の付録を見ながらささっと絵を描き、ハサミできれいに切り取って渡してくれた。「飾ってもいいよ」だって。光栄です。自宅パソコンのモニタの上に飾る事にした。

寝る前に本を読んでくれとせがまれる。久しぶりのことだ。ハルが保育園を修了してからは、読み聞かせなんてほとんどやらなくなったなあ。
ユタが選んだのは「注文の多い料理店」だった。この話、ブラックでけっこう好きだ。特にラスト、主人公の顔がしわくちゃになったまま、元に戻りませんでしたという所。

読み終わるとちょうど9時過ぎだった。
ユタが寝室まで肩車して欲しがったので、望みのままにして差し上げる。昨日、今日とさんざん悩んだ後なので、もう何でもしてあげてしまう。ハルはおんぶをお望みだったので、こちらも御意のままに。

こちらの気持ち、ユタには読まれている気がする。
ま、いいんだけど。

ハル

2004/10/16 Sat

2490611_51.jpg 2490611_17.jpg

2490611_244.jpg

明日はハルの7回目の誕生日。
当日は忙しくて日記を書くヒマがなさそうなので、今日のうちに書いておこう。


ここにハル誕生当時に、産婦人科でヒマにまかせて書いた落書きがある。
そこから一部引用。
―――――――――――――――――――
ジャーン。
次男誕生!! ついに俺も二児の父だーよ。
出たか?貫録。
―――――――――――――――――――
お笑いだな、当時のワシ。

それはともかく、「ハルは何故ハルという名前なのか」というはなし。
次男に名前を付けるにあたっての僕の希望は、「ハル」という2音を是非入れたいという事だった。
ただその希望を抱くに至る過程を思い返してみると、大事な息子に名付けをするにしては、安直で、浅はかであるように思われ、それをそのまま提案するというのは、よしておいたほうがいいなと思い、最初は遠慮していた。その過程というのを具体的に書いてみる。ミーハーで薄っぺらい自分を晒すのは恥ずかしいけれども。

「2001年宇宙の旅」そして続編「2010年」という2本の映画。見たことはなくても、殆どの人がタイトルを聞いた事くらいはあると思います。そのお話の中にハルは出てきます。
劇中主人公たちを乗せ、木星目指して飛ぶ宇宙船ディスカバリー号。その航行からクルーの日常生活までの全てを制御するのが、超高性能コンピューターHAL9000です。その名前は「発見的プログラミングをされたアルゴリズム的コンピュータ 」(Heuristically programmed ALgorithmic computer)の略に由来するそうです。
つまりハルという名前は、新しい事を「見つけて」「考えて」「答えを出す」能力があるという事を現しているわけです。
HAL9000は最後にはとうとう人格に似た物まで持つに至ります。いや、人格と呼べるものは最初から備わっていたのかもしれません。少なくともHALの開発者であるチャンドラスカッタ博士は、自分の実の子供であるかの様な感情を抱いていたようです。
映画「2001年宇宙の旅」では、狂った人殺しコンピュータの様に描かれていますが、HALは人殺しではありません。"機密の保持"と"クルーへの忠節"という矛盾した二つの命令の間で、悶え苦しんでいたのです。そしてついに精神疾患の様な状態に陥ってしまった。人間ならばどちらかの命令を捨てていたはずですが、HALは命令に対して忠実であるように作られているが故に、それが出来なかった。そのことが産んだ悲劇だったのです。
映画「2010年」のラスト近く、HALとチャンドラ博士とのやり取りが本当に泣かせます。映画の内容に関する事なので具体的に書くのは控えますが、ただひたすら真実の開示を求めるHALに、チャンドラ博士は本当の事を教えます。その残酷さに耐えながら……。真実を知る事がHALの唯一の望みだと理解したから。
そして物語は未来に繋がる素晴らしいフィナーレを迎え、映画は終わります。

初めて"2001年宇宙の旅"と"2010年"を観たのは19才の頃だったと思います。原作を読んだのも同じような時期です。(2001年の方は映画の方が先行していたので、原作とは言えませんが)それ以来、僕の心の隅っこに、ひっそりとHALが住みついてしまいました。ファミコンでロールプレイングゲームをする時にも、主人公の名前はハルとつけました。いつか子どもができたらハルと名付けようとか、ぼんやりと妄想していたのかもしれません。
ちなみに"ドラクエ"は"ユタ"で、"マザー"は"ハル"でプレイしていました。どちらも10年以上前の、僕が独身の頃の話です。

とにかく次男に名付けをするにあたって、真っ先に浮かんできたのがハルの2文字でした。
できれば我が子にあの純真な人工知能の名前をつけたいな。そう思いつつ、産まれたばかりの男の子に会いに、いそいそと産婦人科に通う日々でした。
僕のそういう想いは妻にも通じていた(お見通しとも言うが)らしい。名付け案の大本命「ハル」は他の3つの案を退け、見事第一候補の座に躍り出ました。但し若干変えて「ハルキ」としました。その方が万人に受け入れてもらえると思ったからです。「HAL」への思い入れは深かったのですが、奇をてらっただけのトンがった名前にはしたくなかったのです。
最初にあてた漢字は「大稀」。
でも、「大稀」をハルキと読んでくれる人ってまずいないよね……当然の話の流れとしてそうなってしまうのでした。かっこいいんだけどなあ。大きくて稀なる男子ハルキ。「でも人が読めない漢字をわざと使って、悦に入っていると思われるのも心外だしなあ」と思いつつ、一応画数による運勢をチェックしたところ、これがあまり良くない。それが決め手になって「大稀」案は没となりました。困ったな、ハルと読める漢字ってあまり多くないんだよね。

決め手はお義母さんが出した案「悠」の字でした。辞書を調べると、なるほどハルと読むことができる。
辞書で「悠」のつく言葉を調べてみると「悠遠」「悠久」「悠々」などスケールが大きくゆったりとした言葉がならんでいる。ああ、コレいい字ですねお義母さん。僕は「悠」の字がとても気に入った。
そしてハルキの「キ」。これには、気に入ってはいたのだが画数の組み合わせがうまくいかず、初期の段階で採用を断念していた「記」をあててみた。そして画数を調べると……これが最高だったのですよ。これはもう決定でしょう。

かくして新しい男の子は、その日から「悠記」となったのでした。
お義母さん本当にありがとう。素晴らしい名前になりました。
うう、気付くとこんなに長くなってしまっている。どうもすいません。


明日はみんなで食事に行ってきます。ハルに「悠」の字をくれたお義母さんも一緒です。
プレゼントも準備したし、いい誕生日にしてあげたいです。

クマが出た

2004/10/18 Mon
さっきユタハルの通ってる小学校からメールが届いた。
「クマが出たので今日は集団下校」
だそうな。ギョッとした。
でもユタハルの小学校って、海岸から1キロの場所なんですけど…
ほんとうかな?
もう少し山に近い校区では、父兄によるパトロールも実施するそうだ。
「単独での外遊びは控えましょう」とのこと。
山に餌が無くなってしまい、やむを得ず人里に降りて来たクマが、駆除されているというニュースを聞いて、クマに少し同情していた。しかしその影響が我が子に及ぶとなると話は別だ。甘い感傷などいっぺんに吹き飛んでしまった。

今年になって北陸3県では、クマが人里に降りてくる事件が頻発している。例年に比べてあきらかに異常な数だ。
石川県では、毎年ハンターに対して定めている、クマの年間狩猟頭数の上限70頭をはるかに超える90頭以上が、ハンティング以外の事件ですでに捕獲されている。そのため今年は熊猟を禁止するというニュースも聞こえてくる。

山で何かが起こっている。

お願い(平和な食卓)

2004/10/20 Wed
ある日の食卓の風景。あれは確か二日前の事。
ハルが突然クイズを出しました。内容は忘れましたが、それをきっかけにしてその日の夕食はクイズ大会になりました。
一つの問題が答えられると、次は隣の席の人が出題するというローカルルールまで発動し、皆食事そっちのけで頭の体操に余念がありません。
ハルが出題し、ユタが出題し、次は僕の番です。
しかしネタが無い。何も思いつかない。
僕は苦し紛れにこんな問題をでっちあげました。

はしると おそくなって あるくと はやくなるもの なあに

素晴らしい。まるでスフィンクスが砂漠を渡る旅人に問いかけているような問題だ。ザ・なぞなぞ。
しかし僕は答えを考えていなかった。皆が考えているうちに何か思いつくだろうと、たかをくくっていたのだ。しかし思考のない所に答えなど有りはしないのだった。真理を説明するために理論があるのであって、その逆はないのだよ! ←逆ギレによる高飛車現象

やがて皆「降参」を連発し始め、僕に答えの発表を求めてくる。
でも答えられない。そもそも答えなどないのです。
「答えは…また今度(ニヤリ)」
そう言い残して食卓を去る僕の背中に浴びせられる罵声、罵倒、下ネタ、ブーイング。

昨日は深夜まで仕事していましたので、答えを発表せずにすみました。今日も同じく残業です。
でも多分明日はヒマ。メシは家で食う。

誰か、僕に答えをくれませんか。
なるべくもっともらしいやつを。

欣也、今までごめん

2004/10/22 Fri
天ぷらそばが好きだ。
高級なやつでなくてもいい。"お多福"みたいな大衆食堂が食わせてくれるやつで充分に満足できる。
つゆに浸かってぐずぐずになったコロモを、大目にぶち込まれた大根おろしと共にすすり込む。ほうれん草が入ってる時は、それも一緒に頬張る。
ポイントはころもがぐずぐずに柔らかくなっているという事。サクサクよりもグズグズですよ。そういう食べ方が好きです。
食生活が貧しい故に、こういう楽しみ方を憶えてしまったのかもしれません。


今日僕の昼飯はカップ麺でした。天そばです。日清のどん兵衛。
どん兵衛といえば、数年前に北大路欣也がCMをやっていました。侍の装束をした欣也が「後のせサクサクじゃ」とか、のたまうヤツ。お湯をそそいで3分待ち、食べる直前に天ぷらを入れろと、サムライ欣也は言うのです。
そのCMを見て僕は思いました。
「そんなんじゃ天ぷらがぐずぐずになってくれない…」
"ぐずぐず"じゃない天そばの天など、とうてい受け入れられず、僕は今日まで欣也のアドバイスを無視し続けて来たのです。

そして今日です。ひるご飯です。どん兵衛です。
どん兵衛の天ぷらは「後のせサクサク食い」を奨励するが故に、ご丁寧に天ぷらだけ別にセロファンで包装してあります。これを剥がすのが面倒臭い。
どうせ俺はやんないんだよ"後のせサクサク食い"。脳内でぶつぶつ文句を言いながら天ぷらを裸に剥き、容器にお湯を注ぐ。そのときです。
「ごめんください」
玄関から響く来客の声。僕は急いで接客に向かいました。

来客は、石油先物買いのオススメでした。
まったくもう、昼時に来るんじゃない。うちには余ってる金なんか無いのだ。そんなに儲かるなら君が自分でやんなさい。
キッチンに戻って僕は、天ぷらを入れ忘れてしまった事に気付きました。悲しかったですが、カップ麺にリセットボタンはありません。そのまま食うしかないのです。


そしておいしかった。
うまかったんです。
うぉ、これが"後のせサクサク"かあ。
何でもやってみるもんだね、恐れずに。

欣也、今までごめんね。

自主規制

2004/10/23 Sat
2730895_254s.jpg

金曜ロードショウでルパン三世をやってた。マモーのやつ。
ユタが「見ていいか?」と聞いてきた。でも金曜ロードショウは9時から、良い子は寝る時間。
しかし最近ユタハルに激アマの父は
「別にいいんじゃね、明日学校ないし」
と答えてしまうのであった。
だが良く考えてみると、マモーのルパンってセクシーなシーン多くなかったか?
伝説の
"不二子ちゃんにダイビングするルパン、そして後には縞パンだけがひらひらと残る"
のシーンがあるのも、この作品だったハズ。

ズウミ「でもこのルパン、結構エロいからなー」
ユタ 「べつにエロいシーンなんて見んもん!」
ズウミ「うーん…
    !
    じゃ、エロいシーンなったら手で顔隠せ」
ハル 「うん!」

突然話に割り込んできたハルにびっくりした。聞いていたのか(笑

ハル 「じゃエロいとこになったら言って」
ズウミ「別に言わん。自分でエロいと思ったら勝手に隠せ」
ユタハル「わかった(ハモり)」

んで、ルパンが始まって見だした訳です。
結局10時には二人とも眠気に負けて意識を失うわけですが、それまでに3度ほど"自主規制"してました。
写真はそのときの様子です。
手前がハル、奥がユタなのですが、律義に完全ガード体制のハルに比べて、ユタのガードはゆるゆるです。
あれは絶対すき間から見てたね。

以上 教育の最前線からお送りしました。

つまった

2004/10/27 Wed
2853284_62s.jpg 2853284_244s.jpg

20時過ぎからずーーーーーーっと直してる。
でも直らない。
くっそー
絶対朝までに直してやる

ネタにでもしなきゃ、やってられない。

トイレに異物を流す悪いコは・・・

2004/10/28 Thu
悪い子の所には陽水が来る。
真っ黒な眼鏡をかけて、ギターを吊った、アタマもじゃもじゃのおじさんが
「いかな~くちゃ、君のォーもとへ行かなくちゃ」
と、突然やって来て悪い子をさらっていく。泣いても逃げる術はない。
「さらわれた子はどうなるん?」とハルは聞く。目がちょっとビビっている。
「さらわれた子はな、みんなアタマもじゃもじゃになって、最後には陽水になるんや」
「ほんでどうなるん」
「普通の人に戻りたかったらな、いい事いっぱいせんならん」
「どんな?」
「落とし物して困っとる人見つけて、歌いながら探し物手伝うんや。歌おぼえとくか?」
「一応聞いとく」
「さがしものはなんですか~ン、みつけにくいモノですか~ン」
「ほんだけ?」
「ん、これだけ」
「・・・さがしものはなんですか~ン・・・みつけにくいモノですか~ン・・・これウソやろ」
「だら! 信じとらんと効き目無いぞ。」
眉間にしわを寄せて立ち去るハル。部屋を出て階段を降りていく。
その足音に混じってかすかに歌声が聞こえる
「・・・さがしものはなんですか~ン・・・」

ハルはまだサンタを信じているし、雷が鳴っている時に入浴することを頑なに拒む。
親って楽しい♪

モス・ザ・ダンデライオン・ズウミ

2004/10/29 Fri
変わった生き物に出会いました。
分かりにくく言うと、ストレンジなクリーチャーにエンカウントしました。
経験値高そうなヤツです。

クルマで外出すべく、ドアに手をかけた時目に入りました。
蛾です。
羽の模様は黒地に白の縁取りです。その羽の端から端までは2.5センチ位だったと思います。小さいやつです。
一見なんの変哲もない虫ですが、一瞬後僕は気付きました。

「ウサギの尻尾がついている!!」
ウサギの尻尾で分かりにくければ、ニットの帽子のてっぺんの丸いフサフサと言ってもいい。
もっと分かりにくいか。
あ!あれだ。タンポポの綿毛。それの茶色いやつ。

とにかくそういう形状のフサフサが、おなかの終点(たまごを生む器官があるあたり)についているのです。
そして敵を威嚇するアンキロサウルスの様に、いやこれも分かりにくい例えだな。えーと、榊を振る神主の様に(分かります?)それを左右に降っているのです。
ずーっと振っているのです。

1分くらい見ていたでしょうか、僕はそいつを写真に撮ろうと思いつき、ポケットからケータイを取りだそうとしました。その動きに驚いたのか、そいつは飛んでいってしまいました。

あれはなんという虫なのか。あのふわふわの綿毛は何のための器官なのか。
とても気になります。
知りたい。

手がかりが全然ないので、僕はとりあえずあれを「モス・ザ・ダンデライオン」と呼ぶことにします。
新種ならこの名前で確定です。
ああ、せっかくだから自分の名前も入れよう
「モス・ザ・ダンデライオン・ズウミ。」

あなたの街にうさぎの尻尾を持つ蛾がいたら、それは「モス・ザ・ダンデライオン・ズウミ。」です。
発見したのは僕です。
よろしく。

追記
手持ちの素材で再現してみた。
画像上げておきます。
荒いな…
でもだいたいこんな感じ。

2932701_242.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。