スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モス・ザ・ダンデライオン・ズウミ

2004/10/29 Fri
変わった生き物に出会いました。
分かりにくく言うと、ストレンジなクリーチャーにエンカウントしました。
経験値高そうなヤツです。

クルマで外出すべく、ドアに手をかけた時目に入りました。
蛾です。
羽の模様は黒地に白の縁取りです。その羽の端から端までは2.5センチ位だったと思います。小さいやつです。
一見なんの変哲もない虫ですが、一瞬後僕は気付きました。

「ウサギの尻尾がついている!!」
ウサギの尻尾で分かりにくければ、ニットの帽子のてっぺんの丸いフサフサと言ってもいい。
もっと分かりにくいか。
あ!あれだ。タンポポの綿毛。それの茶色いやつ。

とにかくそういう形状のフサフサが、おなかの終点(たまごを生む器官があるあたり)についているのです。
そして敵を威嚇するアンキロサウルスの様に、いやこれも分かりにくい例えだな。えーと、榊を振る神主の様に(分かります?)それを左右に降っているのです。
ずーっと振っているのです。

1分くらい見ていたでしょうか、僕はそいつを写真に撮ろうと思いつき、ポケットからケータイを取りだそうとしました。その動きに驚いたのか、そいつは飛んでいってしまいました。

あれはなんという虫なのか。あのふわふわの綿毛は何のための器官なのか。
とても気になります。
知りたい。

手がかりが全然ないので、僕はとりあえずあれを「モス・ザ・ダンデライオン」と呼ぶことにします。
新種ならこの名前で確定です。
ああ、せっかくだから自分の名前も入れよう
「モス・ザ・ダンデライオン・ズウミ。」

あなたの街にうさぎの尻尾を持つ蛾がいたら、それは「モス・ザ・ダンデライオン・ズウミ。」です。
発見したのは僕です。
よろしく。

追記
手持ちの素材で再現してみた。
画像上げておきます。
荒いな…
でもだいたいこんな感じ。

2932701_242.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。