スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン親ダラ日記

2004/11/09 Tue
3331744_115-2.jpg

ユタハルのマラソン大会の結果です。
ユタもハルもそれぞれ、男子約70名で競います。
ユタは去年10位でした。ハルは1年生なので初参加です。


結果を先に書くと、ユタは11位でした。
マラソン大会になると、スタート直後に無茶なダッシュをかまして、はた迷惑なペースメーカーになるお調子者が必ずいましたよね。
それがユタです(笑
スタート直後は意気揚々と先頭を走っていたようですが、ゴールまでそんなハイペースが続く訳もなく、じりじりと後退してしまいました。
ゴール直前には、お隣に住んでる「えいちゃん」と抜きつ抜かれつの10位争いを繰り広げたらしいのですが(応援に行ってた、えいちゃんママ談)最終的にはえいちゃんに先にゴールされてしまいました。うちは両親共に仕事で応援には行けませんでしたが、ゴール間近で一声かければ結果は違っていたかもしれません。
「来年は1位の後にずっとについてって、力ためとくげん。ほんで最後にダッシュする!」
だそうです。
それいい作戦だよ。やってみい。
よくがんばったな。応援行けなくてゴメン。

ハルは14位でした。
ハルは走るのも歩くのもちょっと苦手です。列からはいつも遅れます。これまでずっとその事でハルを叱り続けてきました。
が、今年の春の健康診断で心電図検査にひっかかり、再検査の結果「心室性期外収縮」である事が分かりました。軽い不整脈持ちなのです。
僕はそれまで歩くのが遅い事で、ハルをさんざん叱ってきた事を激しく後悔しました。ハルはハルなりに自分のペースを知っていたのです。それを知らずに僕は、無理やり正常なペースに合わさせようとしていた。
詳細な事は6月から7月末にかけての日記に書きましたが、幸いなことに症状は軽く、運動制限をかけられる事はありませんでした。それでも年に1度は、症状の進行度合いを検査しなくてはなりません。
という訳で、僕はハルをあまり走らせたくなかった。
ユタはそれなりに速い事は分かっているし、ハルはどうしても自分の結果とユタのそれとを比べるだろうし…。ハル自身の中で苦しい折り合いの付け方をさせるのは可哀想だと思っていました。
でもハルは予想以上に速かった。
親の勝手な心配なんて、吹っ飛ばしてくれました。
「マラソンて、つらくね?」
と聞くと
「すっげつらいよ。でも前に誰かおったら抜きたくなるやろ」
という答えが帰ってきました。

ふたりとも大したもんだよ。ほんとに。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。