スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にじ と ひこうき

2004/12/08 Wed

今日の朝
西の空に虹が出ているのを車の中から見つけた。
虹を見ると、ちょっと得した気分になるのは何故だろう。
渋滞でなかなか流れない車列の中で、虹を見ながらぼーっと弛緩していた。
やがて虹の前を1機のジェット機がゆっくりと横切った。
垂直尾翼が赤いのでJALだろう。
朝日を反射して、くっきりと浮かび上がる白い機体が、はっとするほど綺麗だった。
無心で飛行機を目で追っているうちに、車が流れ出した。
虹の事は忘れていた。

本日はジョン・レノンの命日で、日本が戦争に突入した日で、僕の父親が生まれた日だ。
ユタを見習って、たまには作文でも書いてみるか?
親父を題材にした文といえば、姉が小学生の時に書いた詩を思いだす。
「おとうさんの汗」というタイトルだった。
姉が風呂上りにビールを飲む父の横に座り、タオルで汗を拭いてあげている。
拭いても拭いても父の首筋からは、汗が噴きだしてくる。
姉は根気よく汗を拭いてあげる。
父は黙ってビールを飲んでいる。
そんな内容だったと思う。
あれはいい詩だった。

でもうちの親父って、そんな寡黙なタイプじゃないよなあ。
姉ちゃん、この詩ちょっと格好良すぎんかw
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。