スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れないように書き留める

2005/02/28 Mon
今日はハルが木曜にインフルエンザで早退して以来、しばらくぶりに学校に復帰する日だった。
ところが朝中々着替えずにグズグズしていたので「遅刻するぞ」と叱り飛ばした。
そしたら泣きだしてしまった。
慌てて額に手をあててみるが熱がある訳でもない。
なだめすかしてなんとか朝メシを食わせた。
30分後には元気よく出ていったが、かなり後味が悪かった。
ハルは先週早退した日も、自分で大丈夫だと思って登校した。
だが途中で具合が悪くなってしまった。
だから今日は本当に大丈夫かどうか自分でも分からず不安だったのだろう。

今日のハルには、「気分はどうだ」と確認して、一応熱を計って、「よしもう大丈夫、いっといで」と一声かけるくらいの儀式が必要だったのかもしれない。
それを威圧的に身支度を急かしてしまった。

優しくない。

朝は慌ただしいので、どうしても叱りつける事が多くなってしまう。
優しくない。
優しくしたい。

ユタには「お父さんて朝は別の人みたい」と言われてしまった。
胸に刺さった。
優しくなりたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。