スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴様は武士か

2005/03/08 Tue
仕事で使っているパソコンは、使い初めてから約2年経つ。
2年も経つが、いまだにキーボードのタッチに違和感を感じる。
押したつもりのキーがちゃんと押されていなかったりするのだ。
特にシフトボタンにそれが顕著だ。
シフトボタンは小指で押す事が多いから、どうしてもタッチが弱くなってしまいがちなんだと思う。
だから "夫め!" と打ちたいのに "お勤め!" と変換されてしまって、びっくりするような事がよくある。
"おっとめ!" と入力するべきところが "おつとめ!" になってしまっているのだ。
シフトがちゃんと押されていない為に、小さい "っ" が大きい "つ" になっちゃってるのですね。念のために言うとこれはカナ入力の場合の話です。(説明がくどいなあ。)

"「 」" が "勝子" になってしまいイラツク事も非常に多い。1日に何度かは必ずこの気の強そうな女性の名前を打っては消し、打っては消ししている。

シフトがきちんと押されていない事に由来するタイプミスの中で、一番間抜けなのは"。" を打ちたい時に起こるヤツだ。
"宜しくお願いいたします。"
一体今までに何度打ったか分からないくらいに良く使う文だが、カナ入力の場合はシフトをきちんと押さないと、
"宜しくお願いいたしまする"
になってしまう。
このままでも意味は充分すぎるくらいに通じるのだが、僕は百姓の倅であるので、この武士めいた言葉使いはやはり不適当だろう。
さすがにこれに気付かぬままでいた事はないと思いたいが、何分これだけ多用している文である、1通か2通は"いたしまする"のままで送信してしまったメールやFAXがあるかもしれない。

もしも僕の文章の中に、変に武士を気取った様な言葉づかいがあったとしても、寛大な気持ちでスルーしてください。
よろしくおねがいしまする
スポンサーサイト

SA MU I

2005/03/12 Sat
11009325_141.jpg

自宅の居間に貼ってあるカレンダーには、家族4人のスケジュールが書き込まれている。
カオが月初めにマメに書き込んでおいてくれるのだ。
おかげで色々な事を忘れずにすむので助かっている。
例えば25日を見ると【春休みスタート、4/4まで】と書いてある。ふむふむ春休みね、この間保育園を卒園したばかりだと思っていたのにもう春休みか。一年経つのは早いなあ。
30日には【離任式、ズック】なるほど、この日はチンコズは登校日で内履き持参なんだな・・・とか思うわけだ。とても便利である。

しかし中には意味の分からない書き込みもあって、カレンダーの前で唸ってしまう事もある。
具体例を一つあげると、3月17日に書き込まれているのは一言【さむい】。翌18日も【さむい】。
なんだろう、寒い・・・のかな?17日と18日は。
予言?
もしかして "寒い" ではなく "作務衣" なのかもしれない。この日は作務衣を来て出社しろという下知でもあったのかもしれない、会社から。

色々妄想すると楽しいので、あえて正解は聞かずにおこうと思う。正解は17日になったら解るだろう。

ミラクル(どちらかというと下劣な)

2005/03/17 Thu
今朝シャワーを浴びている時に鼻血が出た。
別に珍しい事じゃない。季節の変わり目はいつもこうだ。
妻にも気付かれないくらいの、小さなティッシュの玉を詰めておいたら暫くして血は止まった。
血は止まったが、鼻に詰めたティッシュを取るのを忘れてしまった。
仕事中に鼻をかんだら、何かが勢い良く鼻から飛び出した。
ようやくティッシュ玉の事を思いだした僕は、鼻をかむのに使ったティッシュを広げてみた。でもそこにはティッシュ玉は無かった。
床を見ても無い。
スーツにくっついているわけでもない。
鏡で確認したが、ワイシャツやネクタイにくっついているのでもなさそうだ。
面倒だなあと思っていると、営業君から打ちあわせをしたいと声をかけられた。
打ちあわせをしている間に、僕はまたしてもティッシュ玉の事を忘れた。
やがて営業君は外回りに出掛けていった。
僕は事務所でひとり黙々と仕事。
今進行中の仕事が中々はかどらず、僕は少し煮詰まっている。
その後来客が2件あった。僕は爽やかニコヤカに完璧な応対。
お客様が帰り、僕は再びはかどらない仕事と向かいあう。
(この部分もう少し奇麗に見せたいなあ)
などと考えつつディスプレイの前で頬杖を付いた。
すると顎の下に何かくっついている。
ガビガビになったティッシュ玉でした。
顎の下にくっついていたお陰で、誰にも見つかりませんでした。
そんなミラクル話。

来月からは2年生と3年生

2005/03/24 Thu
12132475_67s.jpg  12132475_110s.jpg

チンコズは明日から春休み。
二人とも一年間色々とがんばった。

ユタはこの一年の間に、朝食を自分で準備出来るようになった。
といってもトーストだが。
オーブンのタイマーを3分以下にセットするときは、一旦5分まで回してから戻すこと、というお約束も一発で覚えた。
そのウチにハルも真似して自分でパンを焼くようになった。兄ちゃんが良い影響を与えているんだなあと頼もしく思う。
今日もヤツらは自分のメシは自分で用意して、勝手に食って勝手に学校に行った。
朝はこのまま手間要らずになりそうな、嬉し淋しい予感がする。

鉄棒の逆上がりの練習も頑張った。今はまだ出来ないけれど、そのウチに突然サクッと出来るようになるだろう。ユタにはそんなところがある。

ハルは自転車に乗れるようになった。
夏の暑い午後の事だった。
「乗れたー」という嬉しそうな歓声が今でも耳に残っている。
2枚目の写真は乗れるようになった直後に撮った物だ。小さな自転車がかわいい。
従兄弟のお兄ちゃんが今年中学に上がるので、お下がりでマウンテンバイクを譲って貰える事になった。また練習だな。
自転車と言えば、田植えが終わったばかりの水田に、ユタが買って貰ったばかりの自転車ごと落っこちた事もあった。靴が片方どうしても見つからず、ベソをかきながら泥の中を手探りしていたのを懐かしく思いだす。

ユタはちょっとシャレっ気が出てきたかもしれない。
良い匂いがすると思ったら、寝グセを直すために母親のムースを無断で使っていたという事があった。あの時は(心の中で密かに)笑った。かわいいなあ、ユタ。
ハルは相変わらず、爆裂寝グセのままで気にする様子も無く出掛けていく。これはこれでかわいい。

なんだか脈絡無く書いてしまったが、以上を以て平成16年度終了の挨拶とします。
一同 礼
直れ

あたいバドる!

2005/03/25 Fri
12239013_142.jpg

朝、まるで夏の様な空だったのに、雪が降った。
やめてくれよホントにもう。

全然関係ないけど、地元のスポーツサークルの資料を見ていたら、バドミントンサークルの対象者欄が面白かった。(画像2参照)
多分間違ってはいないのだろうし、言いたい事も十分に伝わってくる。
でもこの言葉のチョイスは、ちょっと違うのではないだろうか。

構成員が100%現役レディースのバドミントンチーム。
いや、この場合は刃怒明沌血威夢と書くのが正しい。
地元では敵無しであろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。