スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥーマッチペイン

2005/06/16 Thu
痛みとか苦痛って面白いと思う。
身体の部位には「足」とか「腕」とかそれぞれ違う名前がついているけれど、それらは独立した別々の物ではなく、全部が繋がって一つの身体を作っているんだという事を実感として教えてくれる。
僕が悪くしているのは、腰に近い背骨のジョイント部分なのだが、悪いのは間違いなくその部分なのだが、今一番痛いのは、右足のふくらはぎから外側のくるぶしにかけてだったりする。痛みの源流であるはずの腰にはほとんど苦痛や違和感を感じない。
身体って不思議だなあ。

もう一つ面白いのは、痛みを感じる場所が、日を追うごとに身体の低い部分に下がってきているという事。
先週の金曜は、お尻の右側から右足の太股裏にかけての部分が、一番痛かった。今現在は、すでに書いたように、より地面に近いふくらはぎやくるぶしが痛い。
昔ばあちゃんが、「痛みが下に降りてくるのは良くなってきた証拠」と言っていたのを思いだす。
医学的な裏付けも何もない年寄りの言葉だが、思い出したら少しだけ気分が良くなった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。