スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルニアクライシス 3 「小市民の入院」

2005/08/01 Mon
「重症ですね」
年の割に滑らかな肌と、きっちり七三に分けた髪形が印象的な医師が、MRIの画像を見ながら言った。
どうでも良いがこの先生、ちょっと良い男であった。往年の大川橋蔵を忍ばせるその顔には、目バリやマゲズラが良く似合いそうである。
後日カオさんがこの先生の説明を聞きながら、頭の中ではつい似顔絵の練習をしてしまったというのも頷けるのだが、これは本当にどうでもいい話だ。

医 「このまま入院しますか?」
ズ 「入院、した方が良いですか?」
医 「椎間板ヘルニアは、殆どの場合は手術せずに保存的療法でなんとかなるのです。でもズウミさんの場合はこれだけの重症ですから、手術せずに時間をかけて治すというのは現実的ではない気がします。」
ズ 「手術しないとだめですか…」
医 「必ずしもそうではありません。何日か薬を飲んで安静にしていただいて、それが効果的な様なら手術の必要はありません。とりあえず手術が必要かどうかを見極める為に1週間入院して様子を見ましょう。」
ズ 「様子を見る為の入院なら、薬だけ頂いて自宅で療養するってのじゃ駄目ですか?」
医 「それでもかまいません。ただ現在の痛みをかかえて自宅で療養するのはキツい面もあると思いますが……まあそうおっしゃるなら……お薬出しますから自宅で療養なさいますか?」
ズ 「はい、そうします。」
医 「では一週間後にまたいらして下さい。」

本心を言うと先生から入院を勧められた時には、一も二もなく従ってしまいたかった。トイレに行くのも不自由する人間が、介護する者もいない昼の時間を一人で過ごすには無理がある事は実感として良く分かっていた。
『でも入院すると金がかかるじゃないか(笑』
小市民は自分の身体を心配する前に、財布の中味の方が気にかかってしまうのであった。トイレも風呂も制限時間があるわけじゃなし、ゆっくりすれば一人でも何とかなるだろう。
貧乏症によってねじ曲げられた希望的観測を胸に、僕は自宅へと戻った。

しかし無理なものは無理なのであった。
まずトイレが一苦労である。
立つ事も座る事も出来ない以上、これは当然だ。
痛み止めの座薬を使う事で痛みは軽減されると予想していたのだが、あまり効かないようだ。歯医者の麻酔や風邪薬は悪夢にうなされる位に良く効いたのに……これではシャワーを浴びる事などもってのほかだろう。
更に寝室が2階である事も問題だ。事ある度に激痛に耐えながら階段の上り下りをするなんて事は、安静の二文字の対局にある行為だろう。
1階の和室に布団を敷く事も考えたが、腰痛持ちにとって床に直敷きした布団から起き上がるのは結構辛い。ベッドからでさえもやっとの思いで起き上がっているのだ。
やっぱり自宅療養は無理っぽい。

「保険てどうなってたっけ?」
カオに頼んで生命保険の契約内容をチェックしてもらうと、入院5日目から一定額を支払うという契約になっていた。
手術費用に対してはどうか。
調べるとヘルニア手術の場合は、日額の10倍が支払われるとある。
入院期間を術前1週間と術後2週間の計3週間と仮定して、そこから4日引くと残りは17日間。

((入院)日額×17)+((手術)日額×10)= ¥............!!

あ、ちょっとお釣りくるやw
念のため保険会社の担当者に電話をかけて自分の解釈が間違っていない事を確認すると、そこには一転して入院する気満々の気弱なヘルニア患者(37)が居るのであった。

ユタハルごめん。
お父さんは自分の身体の事をお金次第で決めますた。

いやホント保険て大事だわ。
ちなみに車の保険と違って生命保険は、使っても次から保険料が高くなったりしないそうです。心配のあまりこんな事まで聞いたりして、貧乏人には心の休まる間などないのであった。

僕はカオに頼んで、病院に電話をかけてもらった。
「やっぱり痛いので今から入院していいすか?」
時間は17時を回っていた。
一週間のつもりの自宅療養が半日で終ってしまった。
今思うと迷惑な患者だったかもしれない。
スポンサーサイト

ハルの夏

2005/08/02 Tue
29397078_222.jpg

今年もやってきた。
夏といえば、ハルの心電図検査です。
この熱帯夜に風呂にも入れないなんて可哀想に。
寝る前に、濡れタオルで身体を拭いてあげました。
去年よりも良くなってるといいな、ハル!

夏休みの宿題より

2005/08/04 Thu
おじいちゃんの木

こざるのモンちゃんは じてん車をこぎます。
うたをうたいながら。
「おじいちゃんの
  おじいちゃんの
   おじいちゃんにあいにいくんだよ。」と。
ここでぼくは思いました。おじいちゃんてどんなさるなんだろうと。
それでおじいちゃんがうつってるページを見ると、おじいちゃん木だったんです。
おじいちゃんのいきてるころうえた木だったんです。
ぼくはおじいちゃんがうえた木だってことはおもいつきませんでした。
モンちゃんはおじいちゃんがしんでもいつでもあえるからいいなぁと思いました。

2ねん4くみ ハル

-----------------

バカ親上等!!


追記:ハルへ
この本をよんでいない人にも、ちゃんとお話がわかるようになっているところと、自分がどう思ったのかもきちんと書いてるところがとてもよいです。
一ばんすごいのは、学校からもらったかみから、はみ出さないように、あまらないように、きちんと文がおわっているところです。そういうのって、おとなでもむずかしいんだよ。
きみはプロだ (花まる)

マウント

2005/08/12 Fri
31231117_199.jpg

どれだけ離して寝かせても、いつの間にか、くっついて折り重なっちゃってる件。

もう少しです

2005/08/18 Thu
32416286_163.jpg

昼寝ユタ。
なんでこの子はこんなにタオルが好きなんだろう(明らかに遺伝)

ユタの夏休みの宿題に、本を5冊読んで一言感想文を書くというのがある。
5冊分全部書いたというので見せてもらった。

1冊目 「おもしろかった」
2冊目 「あまりおもしろくなかった」
3冊目 「けっこうおもしろかった」.......以下略。

これじゃ君簡潔すぎるだろう。
しかも本のチョイスが「小学三年生」ってこれ雑誌だしw
他の本もほとんどが漫画ばかりだ。

手の抜き方が甘いよ。
バレバレなのでやり直し。
今日から一日一冊な。
まったく要領が良いのか悪いのか分からない。

使ってる?

2005/08/20 Sat
32836655_219.jpg

マイクロソフト・ワードのファイルメニューに「プロジェクトギャラリー」というのがあるのに今日初めて気付いた。
仕事などで頻繁に使うと思われる文例をあらかじめ登録してあるのですね。
そのプロジェクトギャラリーはいくつかのセクションに分類されていて、その中のひとつにセクション「愛情」というのがあった。
セクション愛情....もうこれだけでおかしいのだが、更に中味を覗いてみると二つの文例が登録されていた。
ドキドキしつつ中味を見てみる...

以下コピペ。
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 
■文例1 「おつきあいのお願い」
日頃よくお会いしますのに、突然お便りを差しあげ、驚かれたことでしょう。
しかし、精一杯の勇気をふるって、この手紙を書いています。
多分、あなたはお気付きになっていらっしゃらないでしょうが、それを承知のうえで、思いきって書きます。
あなたと二人きりで、話をしてみたいのです。一度だけ、チャンスを与えてください。
身勝手な手紙を差しあげたことを、お許しください。
お返事をいただければ幸せに存じます。
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 

読んでてちょっとだけドキドキした僕はアホですか?
そして気になるお返事は...

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 
■文例2 「おつきあいを断る」
お手紙、拝見いたしました。
このたびは、お手紙ありがとうございました。
私のことを、そのようにお感じくださっていたことを知り、とても光栄です。
なんと申しあげればよいのか、適当な言葉が浮かびませんが、あなたのお気持に添えないことを、お許しください。
実は、先ごろ両親のすすめる方とお見合いをし、結婚のお約束をしたばかりでございます。申しわけございません。
一日も早く、あなた様を愛される女性の現れることを、陰ながらお祈り申しあげてます。
どうかご自愛のうえ、お仕事にお励みくださいますように。
― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 

かーっ、結婚決まってんのかー。
でもこれ、十中八九付き合いを断る方便ですよね。
「一日も早く、あなた様を愛される女性の現れることを」って、心にもないことを・・・

ただの文例集なのにちゃんとオチがついてるのが凄い。
自分にまったく関係がない文章なのに、なんとなく気持ちが沈んでしまうのは何故だろう。

ややアカデミックな週末

2005/08/21 Sun
33072947_243.jpg

ナナフシモドキという虫を山で捕まえた。
本当はクワガタとか、カブトムシとか、花形っぽいやつが良かったのだが、ナナフシモドキもちょっとレアっぽくて良いのではないかと思う。
ハルにスケッチさせて、そのまま飼っている。
この虫は雄が殆どおらず、雌だけで繁殖するらしい。そういうちょっとエグ目の属性も気に入っている。
ナナフシモドキのメスであるので、ナナメちゃんと名前を付けた。
ナナメちゃんの好物は桜の葉である。
短い触覚と長い足がラヴリーだ。

夕方近所の図書館の宇宙コーナーで少しだけ遊んだ。
展示物はショボいが、ユタハルはそれなりに楽しんだようだ。
■写真上:設置してあるパソコンを勝手にいじりたおすチンコズ。
■写真下:顔をツッこんで、椅子ごとぐるぐる回ると、月の満ち欠けがシミュレート出来るマシーン。これ結構面白いよ。

オイかあさん"the the"出しとくれ

2005/08/22 Mon
■早くも稲刈りが終わってる田んぼがあるのを見つけた。辺りにたちこめている藁の匂いを嗅いだらなんだか嬉しくなった。
低空を舞っているのは、蝉ではなくて赤とんぼである。
  以上の事から
   夏は終了しました
  という結論が出ましたがよろしいか?
今年は7月いっぱい入院していたので夏が短く感じられ、その点ではお得であった。
僕は夏が苦手です。暑いから。

■ハルの24時間心電図の結果が出た。
特に悪化してもいない様なので、去年の様に追加検査を受ける必要は無いとの事だった。よしよし。

■カオさんは喉をやられた様で、声を出すのが辛そうである。
今のところ熱はない様だが、起きているのがダルそうな感じ。
それでも仕事に出かけていくのを見ると、なんだかもう感謝しかないです。ありがとね。
僕はといえば、昨日は忙しくて全体として余裕が無く、カオさんにもチンコズにも少しトゲトゲしい態度であったかもしれない。
カオさんは、昔は現在と比較にならないくらいに健康だった。
でも子どもを二人続けて産んでからというもの、とても体調を崩しやすい人になってしまった。それはもう別人のようである。
妊娠と出産が、身体に及ぼす影響のとてつもなさが感じられて、いまさらのように「子どもを産むって大変な事なんだな」と思ってしまう。
その大変さを受け止めるキャパシティが、自分には少し足りないのかもしれない。
「大変だ」なんて、言葉ではいくらでも言えるしね。
寝ているカオさんの代わりにいくら家事を請け負っても、僕が余裕のない顔をしていたら、ゆっくり寝てなどいられないだろう。それくらいなら何にも手を出さずに、ちらかったままの家で笑っていた方が100倍良いのだ。
だから笑っていようと思う。
妻への感謝と共に。

ジョージとは縁が無い

2005/08/23 Tue
33439598_42s.jpg

別にポールにもジョンにも縁とか無いですが。
リンゴあたりとは、もしかしたら道ですれ違うこともあるかもしれんな(無い)


ジョージ・ハリスンのアルバム「クラウド・ナイン」を買いそびれとりました。
シングルカットされた「セット・オン・ユー」が大好きだった。
いつか買おうそのうち買おうと思っているうちに、もう15年以上経ってしまった。
ところが最近NHK-BSでビートルズ関連の番組が多くオンエアされてて、それに刺激されて今度こそ買おうと思いたちました。
それでアマゾンで検索してみたら、いつのまにかCCCDになっちょった。
ユーズドで非CCCDの初期盤も出てたけど、なんかなあ ←880円


で、また購買意欲が萎えた(笑)

また家が狭くなる(笑)

2005/08/27 Sat
児童クラブで段ボールの家を作ったんだと。
そんなデカイのどうやって持って帰って来たんだよう。

34142435_125.jpg

ユタ作。
暇な映画館の、もぎりの人に見えます。
おっちゃん見てってやー。


34142435_83.jpg

ハル作。
サイレントランニングっていう昔のSF映画に出てきたロボットに似ている。

追い込み

2005/08/29 Mon
34602240_148.jpg

昨夜。
夏休みの終盤によく見る宿題追い込み風景。
胃の辺りがキューっと重苦しくなりますな。
昼間遊び呆けるから、夜やる羽目になるだよう。
紙粘土細工に色付けするユタハルと、何故か一緒になって自分の作品を作っているカオさん。

関係ないが、ハルが座っているチンコチェアは、カオさんが現役チンコの頃のお下がりである。
つまり30年物(古)

子どもだけで映画を見にいく

2005/08/30 Tue
34865073_33.jpg


34865073_131-2.jpg

地元の市民ホールで、一日だけの映画上映会があった。
番組は、ハリポタのアズガバンの囚人(日本語吹き替え版)で、昼1時からと夕方6時半からの2回上映である。
会場は田舎の市民ホールであるとはいえ、某有力悪役国会議員のキモ入りで建てた自慢のハコである。そんじょそこらのシネコンよりもよほどキャパがあり、スクリーンも大きいのだ。
だが地元自慢とかはどうでもよい。
僕が考えたのは「子どもだけで映画を見にいくのって、ちょっとしたイベントじゃない?楽しそうじゃない?」ってこと。しかも時間は夜で、親に送ってもらうのでなく、自転車に乗って自分たちだけで見にいく。
ウチは都会から遠い田舎であるせいで、子どもたちにそういう楽しい事を、中々気軽にさせてあげることが出来ない。だが地元自治体が開催するイベントであれば、場所も家から近いし、比較的安心して送り出すことができる。

前日の夜に、首から下げる財布に入場料200円(安w)と、ジュースやなんかを買えるだけの小額のおこずかいを入れてあげた。
そして昨日の夕方、カオさんに送り出されて、チンコズは喜び勇んで出掛けて行った。
映画の終了時間は8時45分である。勤めを終えて夕飯を済ませた僕は、テンションが上がりまくっているであろうチンコズを迎える為に、8時30分ごろ自転車でのんびりと家を出た。夏のお楽しみイベントであるとはいえ、さすがに夜道を子どもたちだけってのはまだ早い。早いったら早い。

エントランスから中に入ると、ホール内からエンドタイトルの音楽がかすかに漏れ聞こえてくる。それを聞いていると、なんとなくワクワクして開放的な気分になってくる。僕も一緒に見られたら楽しかっただろうなと思った。
ホールからは続々と家族連れがはき出されてくるが、ユタハルはまだ出てくる様子はない。きっと客電が灯って明るくなるまで出てこないだろう。
エンドクレジットも含めて、映画を丸ごと楽しみつくそうというその姿勢は中々良いと思う。教えた訳でもないのに、ウチのチンコは正しく育っている。
入場の制限処置は既に終わっていたので、僕は暗いホールの中に入ってみた。

ユタとハルはすぐに見つける事ができた。最前列のシートから、頭が二つくっついたり離れたりしているのが見える。あれが多分そうだ。
こんなに大きなスクリーンの会場で最前列なんて強烈に見難いだろうに、バカだなあ。でも一番前が良かったんだろうな。気持ちはわかる。
そういう事を考えながらニヤニヤしつつ忍び足で近寄り、ユタハルの真後ろの席にそっと腰掛けた。
ふたりはスタッフロールを見ながら、時々お互いに耳打ちして何かを話している。
その姿は、とても仲良しの友達か双子の兄弟の様で、ケンカばかりしている家での様子は微塵も感じられない。
そのうちにユタが僕に気付いて驚いて声をあげた。
「おとうさん!」
「おう、面白かったか?」
「うん!お父さんも見とったん?」
「見てないてw 今来たとこ」
「ちゃんとお金払って入ってきた?」
「もう終わりやからタダやったよ」
それからは場内が明るくなるまで、ふたりから延々とストーリーを話して聞かされた。興奮していて殆ど説明になっていなかったが。

帰り道は、夜風が涼しくて気持ちが良かった。
明日で夏休みも終わりですね。
今度は懐かしの大作映画でもやってくれないかな。大脱走とか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。