スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だっておかしいんだもの

2008/06/24 Tue
08062401-2.jpg

 年代的にはすっかりおっさんの域だというのに、ピースを見てこういう要らぬ連想ばかりしてしまうのは、僕の悪いクセなのだろう。


08062402.jpg

 ファインダー越しに妄想的視線を送りつつ、心の中で微笑んでいたら、ピースが怪訝な顔でこちらを見た。
「な、なんでもないよ、笑ってない、笑ってないってば。」

 ここ最近のピースは、自分が笑いものにされていると感じると、唸り声をあげて
「笑うな!」
と怒ることがある。だからピースの微笑ましい仕草などを見かけても、以前のように大っぴらに笑う事ははばかられるようになってしまった。要するに、人間の大人に対するのと同様に気をつかってあげる必要があるわけだ。まったくもう、人語は半分も理解してないクセに、変にプライドが高いんだから。
 しかしペットを飼っている方や、小さいお子さんがいる方には理解してもらえると思うのだが、彼らが一生懸命怒る姿には、また格別の趣があるとは思いませんか。僕はそんな彼らの姿を見ていると、怒っているのを重々承知しつつも、つい我慢できずにぷっと吹き出してしまう。そんな時には、にやけた口元を手で隠しながら、慌ててよそを向かなければならず、まったくこれは一人前の扱いだよなあと、こみ上げる笑いをこらえながらいつも思う。

 犬にも人にも、無垢なるが故の誇り高さという物が在るのだろう。それはいつまでも失ってほしくない美徳だと思う反面、時々すっごく面倒くさい(笑)
 

ブログランキングバナー にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックを。
スポンサーサイト


テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。