ハルの栗ごはん

2005/10/15 Sat
今日の弁当は栗ご飯だった。
その栗は一昨日の夕方、ハルがポケットに入れて大切に持ち帰ってきた物だ。
数は2つだけ。
ハルはその2粒の栗の実をカオに手渡し、栗ご飯を作ってくれとせがんだそうだ。
カオは「この栗どうしたの?」とハルに聞いた。心の中では「足りない」と思い苦笑しているが、それはおくびにも出さない。
ハルは「ドブで……」と言いかけて、慌てて「友達にもらった」と言い直した。
その友達は誰なのと問う母に、「忘れたー」と背中で答えてハルはピューと行ってしまった。
カオはスーパーで栗を買い足し、ハルが持ち帰った2個も入れて栗ご飯を炊いた。
とても美味しかった。

今夜ズ家では、ハルの8回目の誕生パーティをやります。
本当の誕生日は17日だが、ハルの希望で今日やる事になりました。
8歳だって。
信じられない。
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示