スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半身コタツ浴

2007/11/20 Tue
07112001.jpg

最近この話ばっかりなのだが、今日もコタツの話。
写真も使い回しなのがなんともはや・・・
でもちょっと補正して、トリミングも変えてますから!(←超小手先)

今までにも散々書いてきた事だが、ピースはコタツを愛している。
日がな一日、ずうううううううっと、コタツの中で丸くなっている。
特に夜9時を過ぎると、潜り込んだきり、ほとんど出てこない。
何時間かおきに水を飲む時くらいだろうか、コタツから出てくるのは。
そして満足するだけ水を飲んだら、またさっさとコタツに潜り込み、僕らの視界から姿を消す。
素っ気ないことこの上ないのだ、最近のピースは。

07112002.jpg
コタツ内にお邪魔すると、ものすごい迷惑そうな顔をする

ピースがコタツに入る時には、人間の様に足から先に入ったりはしない。
頭から先に、ズボッと「突入する」。
その様子からは、
「一刻も早く温まりたい」
というピースの思いが現れ出ていて、見る度に微笑ましい気持ちになる。
今でこそ何の躊躇も無く、コタツに「突入する」ようになったピースだが、コタツ初体験だった去年の冬は、そうではなかった。
その頃のピースは、

まず上半身だけコタツに入る(下半身はコタツの外に晒したまま)。
  ↓
そのまま数十秒間じっと動かずに、一時待機する。


という過程を経てからでないと、コタツの奥に入ろうとしなかった。
その体勢のまま、あんまり長いこと動かないものだから、
「寝たのか?」
と思ったりするのだが、やがてムクムクと動き出し、やおらコタツの深部に潜り込むのだ。
当時のピースは、コタツの中という未知の空間に、戸惑いを持っていたのかもしれない。
上半身だけコタツに入れて、何をしていたのかは未だ謎のままである。
その時の様子をケータイカメラで撮影した動画がある。
この動画、本当は1分を超える長いものだった。
しかし前半部分は、ピースがまったく動かずに、本当にただじっとしているだけなのだ。
だからここに上げるのは、前半の「じっと動かない」部分をカットした物だ。
撮影日は、2006年11月24日。
ピースが1歳になる少し前だ。



この時のピースって、下半身だけコタツから出して、いった何を考えていたんだろう。

ブログランキングバナー 人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックを!

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット
この記事へのコメント
ピース君静止してる・・・wけど、きっとこたつの中の様子を伺ってたんですね。
それか人間で言う掛け湯みたいな??笑
2枚目、こたつの中は俺の部屋!邪魔すんなみたいな顔をしてますねえw
カプ姉 | URL | 2007/11/20/Tue [EDIT]
>カプ姉さん
>>きっとこたつの中の様子を伺ってたんですね。
多分そんなトコなんでしょうね。
欠け湯説笑いましたw
僕的にはそっちが良いです。
ズウミ | URL | 2007/11/20/Tue [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。