スポンサーサイト

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツレションの憂鬱【過去の日記より】

2007/12/05 Wed
某所に上げた過去の日記を転載するシリーズ第3弾。
これを書いたのは昨年の9月。
ピースがまだ1才になる前の事。
この頃は、ピースはまだ外でオシッコができず、専ら居間に設置したトイレシートの上でだけ様を足していた。
そのトイレにまつわる苦労話。


■2006年9月25日
毎朝4時半から5時半の間。
とてつもなく運が良ければ6時半頃。
そのくらいの時刻になると、居間に置いたケージの中で寝ているピースが目を覚まし、ワンワン吠え始める。
「俺起きた!みんなも起きろ!」
てなもんである。
ここで頑張って起きてあげないと、ケージの中でおしっこをしてしまう。
ケージの中にペット用トイレを設置できれば良いのだが、不機嫌になったピースさんは、そのまま放っておかれると、トイレシーツをビリビリに噛み千切ってしまうクセがある。だからケージの中にトイレを設置する事はできない。
そういう訳で、ピースをケージから出しておしっこをさせる為に、僕は毎朝ありえないくらい早い時間に起きなければならない。

07120501.jpg
その頃のピース。改めて見るとやっぱり幼い

僕が居間に入ると、ピースは鳴くのを止めて鼻を鳴らし始める。
あかりを点けて、ケージの外から粗相の有無を確かめる。
おしっこしていれば、ケージからピースを出してそのまま風呂場へ直行して洗う(超面倒)。
おしっこしていなければ(最近は殆ど漏らさなくなった)、ケージの扉を開けて外に出す。
ケージから出てきたピースは、まず僕の両肩に前足を掛け、そのまま床に押し倒す。
マウントポジションをとったピースさんは、「オハヨウ」とばかりに僕の顔を舐めまわす。
呼吸が出来ないくらいに激しく舐めまわす。
満足するだけ舐めたら、その後はケージの横に設置したトイレで用を足す。
朝は膀胱一杯におしっこが溜まっているから、勢い余ってOBしてしまう事が殆どだ。
それを放置すると部屋が臭くなってしまうので、すぐに拭き取ってから消臭スプレーで仕上げる。
働く人間様を尻目に、ピースさんはソファの上で二度寝に入る。

以上が朝のパターンだったのだが、最近はピースをケージから出しても、すぐにトイレに行かない事がある。
僕を舐め倒した後、ソファに直行し、今度は自分の体を舐め始めるのだ。
その姿を5分も見ていてもトイレに行く気配は無い。
僕も朝起きた直後は少し朦朧としているので、5分位はすぐに経ってしまう。
しかし10分経った辺りで、今度は人間の方がトイレに行きたくなってしまう。
居間を出てトイレに向かうと、ピースも後からついてくる。
流石にトイレに一緒に入る訳にはいかないので、ピースの鼻先でドアを閉めて用を足す。
するとピースも自分用のトイレに走っておしっこをするのだ。
僕が用を足す音に刺激されているのか、それとも飼い主がしているから、自分もしなければいけないとでも思っているのか。
とにかく僕がトイレに入ると、ピースもトイレに走る。
しかし慌てているせいか、そんな時はいつもより派手にOBしてしまう。
後始末も大変で、寝起き直後である事も手伝って、本当に嫌になってしまう。

07120502.jpg
これも当時の写真。なにこのやんちゃな顔w

そこで今朝は一計を案じた。
ウチの居間とトイレの間には、玄関ホールがある。
いつもは、リビングから玄関ホールに通じるドアを開けっぱなしでトイレに向かっていたのだが、今日はそのドアを閉めてみた。
つまり玄関ホールにピースを閉じこめて、トイレに行けないようにしたのだ。
「行きたくても 行けまい」
ほくそ笑みながら爽やかに用を足し、気分よくトイレから出た僕は、しかし半歩進んだところでフリーズしてしまう事になる。
床が濡れて生温かい……ここで、した?
玄関マットも少し濡れてしまっている。
「そうか……なんでもアリか。どこでもヨシか!」
僕は濡れた左足が床に付かない様に、ケンケン状態でピースを追いかけ回す。。
ケンケン、ケンケン、ケンケン、パー・・・・・・・・・・・パーて。
足付いちゃ駄目だろう俺...._I ̄I○

つーかね。
毎朝こんな大騒ぎしてるのに何で誰も起きてこねーんだよ!!!!!!!!

―――――――― 過去日記ここまで ――――――――

07120503.jpg
そしてこれは現在のピース。はちゃはちゃな性格も少しは落ち着いてきたか?


苦労してたんだなあ、当時は。
ちなみに現在のピースは、とても上手にトイレが使えるようになっており、昔のように床を汚す事は殆どなくなった。
当時に比べると、格段の進歩である。
相変わらず苦労が絶えない毎日ではあるが、こうして昔の日記を読んでみると、ピースも少しずつではあるけれど、確実に進歩している事が実感でき、勇気づけられる。
「これからもがんばりましょう」
とかなんとか、前向き青春小僧ばりにポジティブしてみた冬の夜。


ブログランキングバナー 人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
ブログランキングに参加しています。よろしければクリックを!

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット
この記事へのコメント
ワンコの小さい時の苦労分かります 
手がかかるほど 可愛いんですよね でも 好きなワンコの為だっだたら 何でもできてしまうから 
不思議なものです

ピースちゃんのあどけない顔と やんちゃそのものの顔
二つとも 魅力的だよ!
ランまま | URL | 2007/12/06/Thu [EDIT]
>ランままさん
その大変な時期を何度も体験しているランままさんにはかないません。
でもワンコの為だっだら何でもアリってのは、確かにそうですよね。
ズウミ | URL | 2007/12/06/Thu [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。